プロペシアは個人輸入もできる?その際の注意点

男性の薄毛は以前は治療でも改善は難しい傾向にありましたが、今は良い薬が登場し、薄毛も治療でかなり改善できる時代となっています。
男性型脱毛症では様々な治療が行われていますが、特によく選ばれているのが飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアです。プロペシアは有効成分がフィナステリドとなっており、元々は前立腺肥大症の治療などに利用されていた薬です。
そして、薬を使っていた人が髪が増える副作用が見られたことから育毛剤としても使われるようになりました。

 

プロペシアの購入方法としては、クリニックで処方してもらうことが一般的ですが、薬は長期に続けていく必要がありますし、保険適用ではありません。
そこで注目されているのが個人輸入です。円高の影響もあり、病院やクリニックで購入する夜も海外医薬品を個人輸入で購入するほうが安く購入できるとうこともあり、病院で購入せずに個人輸入で購入する人も増えています。

 

円高は輸入に有利で輸出には不利ということが知られており、円高で海外医薬品は安く購入できることがメリットですが、やはり注意点はあります。特に気をつけたいのは偽物の薬を購入してしまうということです。偽物の薬の場合は見た目は似ていますし、中身の分析は素人では行えないので、見分けることはかなり困難と言えます。

 

偽物の薬の薬の場合はまったく効果がなかったり、時には健康を害する成分が入っている可能性もあり、副作用についても強く出てしまうという危険性もあります。それゆえに個人輸入で購入する場合も、業者の信頼性はよく確認しておき、正規品保証がある業者であるか、配送保証がある業者であるかはよく確認しておきましょう。

 

病院やクリニックでは間違いなく本物の薬を購入できますし、薬の副作用についてもきちんと説明をしてもらうことができ、もし強く作用が出てしまった場合も適切な対処が行われます。
より安全に使いたい、確実に効果を出したいという場合はやはり少し高くても医療機関で正規品の薬を選ぶことがおすすめです。

 

神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニックはどこですか?