洗浄力の強い「合成界面活性剤」入りシャンプーは薄毛を悪化させる?

男性も女性も年を重ねると髪の毛が細くなり、薄くなってしまいます。髪の毛を太く長く育てるためにはさまざまなことが行えますが、その方法のひとつがシャンプーを変えるということです。

 

一般的なシャンプーに使用されている合成界面活性剤はさまざまな種類ものがありますが、基本的に全て頭皮の皮脂をとり過ぎてしまうのです。また、僅かですが頭皮に吸収されてしまうため髪の育毛する毛乳頭を弱らせてしまうこともあります。乾燥に悩んでいると言う人は頭皮も同じような状態になっていると考えた方が無難です。乾燥はさまざまな皮膚トラブルを起こすもととなります。それは頭皮でも同じで、皮脂をとり過ぎてしまえば後に皮脂の過剰分泌をしたり、乾燥のもととなってしまうのです。このような状態は髪を生やすにしても育てるにしても良い状態ではなく、薄毛を悪化させてしまう可能性もあります。

 

若い頃は平気であった合成界面活性剤が負担になってしまい、結果的に薄毛になることも考えられるのです。
かといって過剰分泌された皮脂を放っておけばより抜け毛などが進行してしまいます。

 

皮脂の過剰分泌などで悩んでいる場合におすすめなのがアミノ酸系シャンプーです。髪にも頭皮にも低刺激で優しく、傷める心配が無いとされています。このような低刺激なシャンプーを直接地肌につけるのではなく泡立ちよく泡立て、泡立ちよくした泡を指の腹で頭皮につけていき、頭皮マッサージを行うように優しく洗っていくことで頭の血行を良くして、毛穴の汚れをとり頭皮環境を良くしていくことができます。

 

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が穏やかなため1回では汚れが残ってしまう場合もあります。そのため泡立ちよくしたシャンプーで2度洗いするなど髪と地肌に適した使用が必要となります。基本的には低刺激なシャンプーですが、髪質や肌質によっては合わない場合があることも理解し、メリットとデメリットを考えてシャンプーを選ぶことが大切です。