唐辛子など刺激のある食べ物の食べ過ぎは薄毛を促す?

唐辛子などの刺激物を摂取する事は新陳代謝が上がります。新陳代謝が上がるという事は血行があがり適度な発汗を促してくれるため、頭皮に栄養が行き渡る為発毛に良いとされています。しかし刺激物を過剰摂取してしまうと逆効果になってしまうので注意が必要です。刺激物を過剰摂取すると発汗する際に皮脂も必要以上に分泌されてしまいます。頭皮の毛穴が皮脂で詰まってしまうと薄毛の原因となってしまうのです。毛穴が詰まると血行が悪くなり栄養が行き渡らなくなってしまいます。さらに皮脂の分泌で毛穴の周りに雑菌が繁殖してしまい薄毛の要因になってしまいます。このように刺激物の過剰摂取は発汗や血行も過剰になるため、皮脂の異常分泌にもつながり髪の毛や頭皮に悪影響を与えることとなってしまうのです。

 

 刺激物と言うと唐辛子等の香辛料系の辛いものが思い浮かびますがそれだけではありません。コーヒーや紅茶なども刺激物としてあげられます。コーヒーに含まれているカフェインは体内物質の発毛を促進させる働きのあるアデノシンを破壊してしまうと言われています。コーヒーには体に良い成分もたくさん含まれているので適度に飲むのはお勧めですが、過剰摂取すると発毛の要因となるので注意が必要です。また、チョコレートも刺激物として挙げることができます。チョコレートを過剰摂取すると皮脂の分泌が過剰になってしまうので毛穴のつまりを悪化させてしまうので過剰に食べるのは避けた方が良い食べ物といえます。

 

 香辛料やコーヒー、紅茶、チョコレート等の刺激物は摂取のしすぎは頭皮や髪の毛の他に体にも悪影響をあたえます。塩分の多いものももちろん髪の毛や頭皮に悪影響を与えてしまうのでスナック菓子やインスタント食品も過剰に摂取するのを控えましょう。薄毛が心配という方はまずは食生活を見直して、薄毛の要因となる食べ物の過剰摂取を控えるようにしましょう。生活習慣の改善をすることで抜け毛や薄毛の予防につながります。